SAMPLE JOB SITE

108年に感謝From1912 to 2020 & Next

HISTORY

1912(明45.7) 三原市本町1丁目1400番地1にて、三好和洋紙店印刷部として営業を開始する。
1943(昭18~) 非常時体制下、整備組合広島県第12印刷集団第1工場となる。
1945(昭20.9) 終戦と同時に、三好印刷所として新発足する。
1963(昭38.6) 株式会社に組織を変更し、資本金150万円、社名を三好印刷株式会社とする。
1966(昭41.4) 工場を拡張し、設備の増強をはかる。
1975(昭50.4) 菊半裁判オフセット印刷機を導入し、本格的にオフ化を開始する。
1980(昭55.4) 資本金を600万円に増資する。
1984(昭59.3) 本社・工場を新築落成する。
1985(昭60.4) 菊半裁判オフセット2色刷印刷機を導入し、多色化・高速化をはかる。
1986(昭61.8) 電子組版システムを導入し、電子化を開始する。
1989(平元 .2) 尾道営業所を開設する。
1989(平元 .4) 菊半裁判オフセット印刷機を導入し、本格的にオフ化を開始する。
1991(平 3 .5) 資本金を1,000万円に増資する。
1991(平 3 .11) 企画・デザイン部門の強化をはかるため、有限会社メディアーツを設立する。
本社・工場を拡張する。
1995(平 7 .7) MAC・DTPシステムを導入し、デジタル化を開始する。
1996(平 8 .2) 本社・工場を拡張し、設備の増強をはかる。
1999(平11.12) デジタルカラー印刷システムを導入し、オンデマンド印刷を開始する。
本社・工場を拡張する。
2000(平12.7) 菊四裁判オフセット4色刷×両面印刷機とCTPシステムを導入し、印刷工程におけるデジタルデータの共有化(国際印刷標準規格CIP3)を開始する。
2001(平13.11) 菊四裁判オフセット2色刷×両面印刷機を導入し、CIP3を展開する。
2005(平17.4) サーマルCTP(四六半裁判)を導入し、フルデジタル化をはかる。
2005(平17.8) 四六半裁判オフセット4色刷印刷機を導入し、フルデジタル化に対応した次世代カラー印刷システムを確立する。
2012(平24.9) 有限会社メディアーツを組織変更し、社名を株式会社メディアーツとする。
㈱メディアーツ 東京オフィスを開設する。 
2017 (平29.6) 東広島営業所を開設する。(長尾印刷所の事業を継承)
2017 (平29.8) 最新鋭の製本システム(中綴折・無線綴)を更新して、製本設備の拡充をはかる。
2017 (平29.11) 完全無処理サーマルCTPを導入して、高生産性をはかると同時に、環境負荷の大幅な低減と省資源 効果を実現する。

BUSINESS LINE


■企画立案
■広告デザイン
■ホームページ制作
■イラストレーション
■編集・コピーライト
■写真撮影
■会社案内
■カタログ
■パンフレット
■プログラム
■PR誌・広報誌
■会報誌・社内報
■チラシ・フライヤー
■リーフレット
■ダイレクトメール
■ポスター
■チケット・カード
■POP・メニュー
■書籍・刊行物
■記念誌・自分史
■名簿・手帳
■ファイル
■カレンダー
■ショッピングバッグ
■包装紙・パッケージ
■シール・ラベル
■各種帳票
■ビジネスフォーム
■名刺・封筒・葉書
■看板・のぼり
■うちわ・タオル
■ノベルティ