MESSAGE


グーテンベルグ(15世紀中頃ルネッサンス)以来の発明といわれる MAC・DTP の出現によって、パソコン上でのデザイン・編集・出力等ができるようになり、印刷の世界に劇的な変化をもたらしました。
1995年より、MAC・DTPシステムを導入し、プリプレスのデジタル化を強力に推進してきた当社は、CTP・PDFといった最先端テクノロジーを次々と吸収しながら、オンデマンド印刷や国際印刷標準規格CIP3による次世代カラー印刷システムを確立してまいりました。
さらには、I T Cを活用した受注から納品までフルデジタルワークフローを構築して、お客さまのニーズに様々な面からお応えしております。
成功の実現に向けてお客さまと共に歩む、信頼できる確かなパートナーでありたい ………それが私たちMPCグループの願いであり、「より良く 創造的に」をコンセプトに次代の印刷文化を育んでまいります。




CONCEPT&POLICY

コンセプト

私たちの姿勢は、いかなる場合も心を積極的に保つこと―。
情熱と信念を持って、本気で仕事に取り組んでいきます。

私たちの目標は、できるだけ多くの喜びを味わうこと―。
理想を心にはっきり描き、より高い業績を達成していきます。

私たちの使命は、人の英知を伝え歴史を育むこと―。
人と社会のあるべき姿を見つめ、様々なカタチで未来を創っていきます。

PROFILE

デジタルデザインとプリントメディアをコアに、宣伝・商業・出版・デジタルオンデマンドなどの 企画デザイン並びに印刷及び製本に関する事業を創造・展開しています。

  商   号
  代 表 者  三好 康莊   Koso Miyoshi
  所 在 地  本社・工場 〒723-0062 広島県三原市本町1- 8 -12
       TEL (0848)62-2022 FAX (0848)62-2144
       miyoshi@mpc-group.co.jp
 尾道営業所 〒722-0014 広島県尾道市十四日元町4-19
       TEL (0848)36-5668 FAX (0848)36-5672
 東広島営業所 〒739-2402 広島県東広島市安芸津町三津4418-2
       TEL (0846)45-0045 FAX (0846)45-5785
  設   立  1912(明治45)年7月創業
 1963(昭和38)年6月 株式会社に組織変更
  資 本 金  1,000万円
  取 引 銀 行  広島銀行 三原支店・尾道駅前支店
 中国銀行三原支店
 もみじ銀行三原支店
 しまなみ信用金庫 本店
 芸南農業協同組合 本所
商 号

所 在 地

取 引 銀 行


HEAD OFFICE  〒722-0034 広島県尾道市十四日元町4-19
         TEL (0848)36-5671 FAX (0848)36-5672
         mediarts@mpc-group.co.jp
TOKYO OFFICE  〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
         パレスサイドビルB4F
         TEL (03)6267-7029 FAX (03)6267-7099
         mediarts.y@mpc-group.co.jp
FACTORY    〒723-0062 広島県三原市本町1-8-12
         TEL (0848)62-2223 FAX (0848)62-2144
         miyoshi@mpc-group.co.jp

広島銀行尾道駅前支店・三原支店
みずほ銀行九段支店


HISTORY

 1912(明45.7)
 1943(昭18〜)
 1945(昭20.9)
 1963(昭38.6)
 1966(昭41.4)
 1975(昭50.4)
 1980(昭55.4)
 1983(昭58.2)
 1984(昭59.3)
 1985(昭60.4)
 1986(昭61.8)
 1989(平元 .2)
    (平元 .4)

 1991(平 3 .5)
    (〃 .11)

 1995(平 7 .7)
 1996(平 8 .2)
 1999(平11.12)
 2000(平12.7)

 2001(平13.11)
 2005(平17.4)
    (〃 .8 )

 2012(平24.9)
 
 2017 (平29.6)
 三原市本町1丁目1400番地1にて、三好和洋紙店印刷部として営業を開始。
 非常時体制下、整備組合広島県第12印刷集団第1工場となる。
 終戦と同時に、三好印刷所として新発足する。
 株式会社に組織を変更し、資本金150万円、社名を三好印刷株式会社とする。
 工場を拡張し、設備の増強をはかる。
 菊半裁判オフセット印刷機を導入し、本格的にオフ化を開始する。
 資本金を600万円に増資する。
 本郷出張所を開設する。(1998.8本社に統合)
 本社・工場を新築落成する。
 菊半裁判オフセット2色刷印刷機を導入し、多色化・高速化をはかる。
 電子組版システムを導入し、電子化を開始する。
 尾道営業所を開設する。
 菊全判オフセット2色刷印刷機を導入し、大型化・大量化をはかる。
 本社・工場を拡張する。
 資本金を1,000万円に増資する。
 企画・デザイン部門の強化をはかるため、有限会社メディアーツを設立する。
 (本社・尾道市、資本金300万円、三好印刷株式会社全額出資による)
 MAC・DTPシステムを導入し、デジタル化を開始する。
 本社・工場を拡張し、設備の増強をはかる。
 デジタルカラー印刷システムを導入し、オンデマンド印刷を開始する。
 菊四裁判オフセット4色刷×両面印刷機とCTPシステムを導入し、印刷工程に
 おけるデジタルデータの共有化(国際印刷標準規格CIP3)を開始する。
 菊四裁判オフセット2色刷×両面印刷機を導入し、CIP3を展開する。
 サーマルCTP(四六半裁判)を導入し、フルデジタル化をはかる。
 四六半裁判オフセット4色刷印刷機を導入し、フルデジタル化に対応した次世
 代カラー印刷システムを確立する。
 有限会社メディアーツを組織を変更し、社名を株式会社メディアーツとする。
 株式会社メディアーツ 東京オフィスを開設する 
 東広島営業所を開設する。
 (長尾印刷所の事業を継承)